エンタメ

NiziUインタビュー・マコ編【9 Nizi Stories】

プレデビューミニアルバム『Make you happy』が人気沸騰中の【NijiU】

そのデビューの軌跡を追う『NiziU 9 Nizi Stories』での、リーダー・マコの全インタビューをネタバレします!

NijiUデビュープロジェクトである『Niji Project』はHuluで配信されていますが、この番組を視ていてNijiUのファンになった人は少なくないハズ♪

『NiziU 9 Nizi Stories』は、メンバー9人の独占インタビュー番組!

まずは、マコのインタビューから、どうぞ♪

 

【NiziU 9 Nizi Stories】はHuluで配信中!

『NiziU 9 Nizi Stories』は、Niji Projectと同じようにHuluで独占配信されています。

9人のメンバーが、どんな努力をしながら、オーディションを勝ち抜いていったのか、そのストーリーがHuluですべて観ることができます。

ぜひ、Huluの2週間無料体験を利用して、NijiU誕生の軌跡と、その魅力を確認してください!

Huluを詳しく知る

 

【NiziU 9 Nizi Stories】MAKO(マコ)インタビューネタバレ!

メンバーからの評価は?

「NiziU 9 Nizi Stories #1」第1回目の主役は、リーダーのMAKO(マコ)!

NiziU 9 Nizi Storiesでのインタビューでは、メンバーからの評価はこんな感じでした^^

リク:頼れるリーダー

リオ:イメージが絶対的リーダー。真面目で努力家で。

アヤカ:でも、抜けてる(笑)

リマ:すごい天然。

ニナ:ツボが凄く意外。

リオ:ちょっとおかしいよね(笑)

マユカ:一人で笑ってる。

リク:みんな普通なのに、マコちゃんだけ「わっはっは」って。

リオ:天然だし、抜けてるし、よくわかんないことで笑ってるし...意外とまこちゃんも遊びたい遊びたいっていうよね。

マユカ:眠たいときでも来るよね。

リマ:一番最後まで残ってる。でも寝たいんだよね。でも脱出が出来ないんだよね。

 

 MAKO(マコ)全インタビューネタバレ!

それでは、NiziU 9 Nizi Storiesでのマコへの全インタビューをネタバレします!

文句なしのグループNo.1の実力者で努力家のマコ。

NijiUの絶対的リーダーは、どんな素顔を持っているんでしょうね^^

Q:デビューが決まって思うこと

A:本当すごく今嬉しいです。

でも、小さいときからステージに立ってパフォーマンスすることが夢で、今までずっとそれに向かって練習してきたので、今は“自分に誇らしい”ですし、これからもスタート地点に立ったと思って頑張っていきたいという気持ちです。

Q: J.Y.Parkの第一印象

A:厳しいアドバイスなど、そういうイメージが強かったので“怖い方かな...ていうのはありました。

Q: J.Y.Parkの印象の変化

A:180度変わったと思います。カメラが回ってないところでも私たちを娘のように 可愛がって下さっていて、私たちも“父のような温かい存在”だなっていうのを撮 影をしながら感じることができました。

Q:アイドルを目指したきっかけは?

A:私が中学二年生の時に、JYP公開採用オーディション12期で、日本人の方が2位 を取り、JYP練習生になったということを新聞で見ました。

その時、私は絶対「私 が3位以内に入ってJYP練習生になるんだ」と決意をし、その1年間沢山練習をしました。

そしてその結果3500人の中で3位を取ることができました。

Q:JYP練習生になるための努力

A:オーディションの1年前から毎朝6時くらいに起きて自分で自主練して学校に行っ て、学校から帰ってきて宿題を終わらせて、また自主練をするという生活を1年 間していました。

今思うと、あのときは本当によくやってたなと思うんですけ ど、そのときの自分は“絶対に入る”とまっしぐらに、その目標を掲げてたので、 キツイとは思うことはなかったです。

Q:救われた言葉

A:その時、私にとってスランプの時期で、自分のコンセプトが見つからなくて落ち 込んでたので、どうやったら自分を出せるかなって、自信をなくしていました。

そのときにJ.Y.Parkさんに「僕たちは元々特別なんだよ...ありのままでいていいんだよ」って言って下さったときに、もう考えなくていいんだっていう気持ちになっ て、今まで悩んでいたのがスッと消え去った感じで、その言葉で今回のプロジェ クトも乗り越えられたんじゃないかなって思います。

Q:東京予選合格したときの心境

A:練習生時代、結構きつかったこともいっぱいあったんですけど、J.Y.Parkさん に、「頑張ったね...誇らしく思う」って言ってもらえたときは、いままできつかっ たけど、耐えてきてよかったなって...今までの後悔も全部消えて、自分に自信が持てました。

あのときは、本当に感動でした。

Q:リマ・ミイヒの存在

A:ものすごく大きかったと思います。

練習生時代のときも、ずっと3人でいる時間が多かったので、お互い悩んだときとかも、慰めあったりしていて、地域予選の 前日も一緒の部屋を使っていたんですけど、急に怖くなって泣き始めて、そのと きも3人で「明日は頑張ろう」って励まし合ったりして、2人がいたからこそこうやって3人で合格できたと思うので、嬉しかったです。

Q:東京合宿への準備

A:2PMさんのダンスのフリ自体が本当にパワフルで、カがないと止めることもできないし、迫力というのが出しにくいというのがあったので、まずは筋肉をつけよ うと思って筋トレを中心に頑張ってました。

そのときの感情とかも出てきたりし て、後悔なく披露できて、今でもその映像をたまに見ています。

Q:マコの東京合宿のボーカル審査

A:ボーカル審査では、【雪の華】を歌わせていただいたんですけど、感情表現をし ながら歌うのがポイントで、心で感じながら歌えたらいいなと思って...私は地声 で叫んだりするよりも、裏声を出すのが好きなので、裏声を上手に活かして披露 できたらいいなっていう気持ちがあったので、練習して披露させていただきました。

Q:東京合宿スター性審査

A:私には何があるんだろうって思って...結構悩んでたんですよ。

それでレモンを思いついて、レモンを無表情で食べたら面白いんじゃないかっていう結果に至っ たですけど...私は小さいときから、母が柑橘系を食後に剥いて下さっていて、そ の習慣で酸っぱいのもあんまり感じなくなったのかもしれなくて、レモンも私に とっては、1つのフルーツで、酸っぱいとはならないので、もしかしたらいける んじゃないかと思って、無表情で食べることを披露しました。

さらに、書道を披露、『点滴穿石』という四字熟語を書きました。

マコ:「この意味は、一滴一滴小さな水滴でも長い年月が経つことで、大きな硬い石も穴 を通すということで、とんなに小さな力でも積み重ねることによって大きな目標を達成 することができるという言葉です。

私もまだ小さな水滴ですが、この2年7ヶ月、韓国で 学んだことを生かしながら、分からない友達には積極的に教えて、これから目標に向かって努力していきたいと思います。

Q:東京合宿スター性審査の書道

A:今回は、チームでミッションがあると聞いて、もしかしたらそういうチームがまとまるような、皆の心に響くようなのがあったらいいなと考えていて、『点滴穿石』でいこうと決めました。

Q:スター性キューブ獲得の自信

A:不安は少しありました。

もしかしたらとれないんじゃないかなって。

キューブをもらうまでは、ドキドキしていました。

Q:東京合宿SHOW CASEについて

A:虹プロジェクトの前は、リーダーの経験がなくて、自分がリーダーをちゃんとで きるか不安もあったんですけど、新たな挑戦としてやって、今思えば、本当にや ってよかったなって思います。

J.Y.Park: 「マコさんが良いリーダーシップを発揮したんじゃないかと思います。でも今日初めて、マコさんによくない評価をします。力を入れ過ぎています。ダンスと歌は常に基本的に力を抜いてやらないといけません。そして、力を入れるべき時に入れないといけません。」

Q:東京合宿SHOW CASEについて2

A:今振り返ってみると顔にも不安な表情がでていたし、歌う声の発声の仕方もできてないなっていうのもあって、手先にも神経がいっていなくて...最近映像を見て思いました。

5日間、頑張ってきたメンバーとも仲良くなれたし、そのメンバーにも感謝しています。

Q:東京合宿を振り返って

A:東京合宿は、審査の前日は夜眠れなくて、それでも最終順位で1位を取れたので、これから可能性があるって自分に期待をしている部分もありました。

Q:心がけていること

A:辛いときって、皆マイナスなことを考えたりしてしまう方が多いんですけど、私 の場合は全部プラスに変えて、私はできるんだってマインドをコントロールし て、いい方にいくようにしています。

Q:韓国合宿で感じた変化

A:周りに日本人がいっぱいいるっていう新鮮な感じで、練習生のときは、アドバイスしたり慰めたりっていう機会はあまりなかったので、このプロジェクトを通して、他の子たちとのコミュニケーションを取れるようになって、話をするのが好 きになりました。

Q:個人レベルテストについて

A:Sunmiさんの【24 hours】を披露したんですけど、雰囲気をガラッと変えて“セクシー”をコンセプトにしました。

力を入れるダンスが好きで、全部強く踊ってし まうんですけど、Sunmiさんは歩くだけでもセクシーな方なので、それを披露し て、変わった自分を魅せようと思いました。

「マコってこんな感じもできるんだ ビックリさせたい」っていう気持ちがあったので、私なりにどうやったら女性ら しく見えるのかとか練習するのも大変でした。

Q:マコのルーティーン

A:目標を文字に書いて、達成したらチェックしてってすることで、「こんなこともできるようになったんだ」って...JYPに入る前の1年前から3年間してきました。

「こうやって考えるようになったんだ」って後から見ると思うことがあるので。

Q:個人レベルテストを振り返ってみて

A:お客さんが「わっ!」ってビックリしていただけているのなら、大成功じゃない かなって思います。

Q:韓国合宿チームミッション

A:チームミッションでは、J.Y.Parkさんの【Swing Baby】を披露させていただいたんですけど、その時のコンセプトは、ミュージカルをイメージしました。

Q:チーズinハンバーグ秘話

A:スーパーにいったときに牛肉のミンチがなかったので、ステーキ用の牛肉を前日に買って、細かく切って、準備をしていました。

Q:チームミッションを振り返って

A:マヤからは表情について教えてもらったり、リオからはダンスが本当に上手なので、教えてもらったり、3人で協力して作ったステージでした。

Q:デビューが決まって思うこと

A:運動会の時が一番楽しかったです。

中学生のときは陸上部に所属していて結構活 発だったので、あのときもスイッチが本気モードに切り替わって、心の底から楽 しかったです。

「マコちゃん怖い~~」って言われました^^

あとは、宿舎で私の誕生日のとき、「今日はマコちゃん何にもしないで」って言って皆が料理を作 ってくれて。大好物がチキンで、誕生日に皆が“柚子風味のから揚げ”と“チーズボ ール”を作ってくれました。

その日の夜ご飯は、“ご飯バーガー”を作ってくれまし た。

あとは、週末とかも皆で料理を作ったりした思い出が印象に残っています。

Q:チームバトル

A:チームバトルでは、5人で男性の曲を披露することになったので、1ヶ月毎日皆で筋トレをして、そのおかげでダンスブレイクとかも力強く踊れたと思うし、最初、2回しかできなかった子も、1ヶ月練習していくうちに、30回できるように なったりとか、1ヶ月間の成長が見れたことが印象に残っています。

力も必要なんですけど、細かいところを合わせるのが大変だったなと思います。

Q:J.Y.Parkのサプライズレッスンについて

A:本当にビックリして、腰が抜けそうでした。本当に貴重でした。

アドバイスをいただいたあとから、みんなダンスに変化だ出てよくなったと思います。

2PMさん の曲で、ラップを担当させていただいたんですけど、マユカの後ろから出るとき に「自分に怒っている歌詞なのに全く怒っていない」って言って下さって、どう やって怒ったらいいんだろう?って謎があって、ドラマを見て怒り方を研究しま した。

Q:チームバトルを振り返って

A:結果3位をいただいたんですけど、今回のミッションは私的に一番チームワークとか内容が濃くて、一人一人と向き合いながらステージを完成させた感じが多く て、1ヶ月、何をするにも5人で行動していたので、その分3位だったので、本当 に悔しくて...

Q:印象に残るミッション

A:合宿を通して一番印象の残っているのは、ファイナルミッションですね。3曲披露したんですけど、今までしたミッションより練習期間が短くて、その短い期間 で3曲を覚えないといけないくて、自分も周りもキツかったと思います。

本当に 皆がチームに見えたし...マヤチームの練習風景を見て、誰1人浮いている子もい ないし、みんな角度が揃ってるのを見て、私たちも頑張らなきゃなっと思ったし...。

私たちにもマヤチームにはない、明るさと元気さは負けないですし、ダン スを踊るときの力強さも迫力を出すことは、私たちの長所じゃないかなって思っ てずっと練習してきました。

今回は、歌が本当に心配で、落ち込んでる子とかも いて。

でも、ファイナルステージの2週間前くらいから、みんな歌が伸びてきて 先生に褒めてもらえるようになってきて、そこから自信が出てきたので、自信って大事だなって感じました。

Q:親からのビデオメッセージ

A:本当に自然に涙がこぼれました。

3年間韓国にいたので、日ごろは、そこまで会いたいって言うのはなかったので、動画をもらったときは、3年前『韓国に行っ ていいよ』って言ってくれたことに感謝の気持ちを思い出しました。

行ってなかったら、この場にいないので、見送ってくれたことに感謝しています。

Q:高音パートについて

A:もらったときは、自分は絶対できないって気持ちがあったんですけど、これができたら絶対カッコイイなって思って、『マコちゃん高音も出るんだね』って言ってもらうことを想像して頑張りました。

虹プロジェクトがなかったら、あそこの 音域まで自分がいけるかどうか分からなかったし、裏声で歌うのが得意で、地声 で歌うのが本当に得意じゃなかったので...今回を機に地声で出せるっていう自信 にもつながったし、まだ見えない可能性が見えて、裏声と地声を一緒に歌うパー トがあるんですけど、その練習も沢山して、地声の歌声の使い分けもちょっとず つ理解できるようになったので、自分のとって実力的にファイナルステージで は、伸びたんじゃないかなって思います。

Q:ファイナルステージを振り返って

A:達成感すごくあって、感情が一番こもっているのは、私にとってはファイナルステージでした。

脱落したり合格したり、気持ち的にも印象に残っています。

Q:印象に残るJ.Y.Parkの言葉

A:「マコがいるチームはいつもチームワークがいい」と言っていただいたときが嬉しかったです。

今までリーダーを経験してきてなかったからこそ、虹プロジェク トを通してリーダーを務めて、ミッションしていくたびに、ほめてもらえて、回を重ねるごとに、「こうやったらいいんだ」と学ぶこともできて、皆がいたからこ そリーダーという役割を果たせて、リーダーをやってよかったです。

Q:リーダーとして心がけていたこと

A:チーム内の雰囲気を作ることが一番だと思います。

Q:どんなアーティストになりたい?

A:これからは、1人じゃなくて9人チームなので、一人一人が自分らしさを出しつつ 9人がお互い協力しあっていけたらいいなっていうのと、活動する上で健康管理 は一番大事なので、みんなが健康で笑顔でいられたらいいなって。

ずっとこの 先、生活していくので“家族”って思っていきたいなって思っています。

また、世界中の人に私たちの存在を知ってもらって笑顔を届けたいなって思います。

 

『NiziU 9 Nizi Stories』をHuluで無料で視聴する!

 

『NiziU 9 Nizi Stories』は、Hulu(フール―)で独占配信中!

Huluの2週間無料体験を利用すれば、Niji Projectも全話無料視聴できます!

無料体験期間中に解約すれば、費用は一切かかりません!

Hulu無料体験のメリット
・月額1,026円(税込)のサービスを2週間無料体験できる
・無料期間中に解約すれば一切費用はかからない
・高画質・広告なしのフル動画を視聴できる
・60,000本以上のドラマ・映画・アニメが見放題

 

\2週間無料でお試し/

HuluでNijiUを見る!

『NiziU 9 Nizi Stories』を無料で見る!

 

Huluの登録・解約方法は、こちらをご確認ください▼


step1.
公式サイトにアクセス
・Huluにアクセス
Hulu公式サイトはこちら

step2.
「今すぐ無料でおためし」をタップ
・画面中央の「今すぐ無料でおためし」をタップ

step3.
「2週間の無料トライアルを開始」をタップ
・名前や支払い方法などを入力し、画面を下にスクロール。「利用規約およびプライバシーポリシー~します。」にチェックをいれて「2週間の無料トライアルを開始」をタップ。

以上でHulu2週間無料トライアルの登録が完了です。

カンタン!


step1.
公式サイトにログイン
・Huluにログインし、右上のプロフィールメニューを開く

step2.
「アカウント」をタップ
・メニューの「アカウント」をタップ

step3.
「解約する」をタップ
・画面を下にスクロールし、「解約する」をタップ

step4.
「解約ステップを進める」をタップ
・画面を下にスクロールし、「解約ステップを進める」をタップ

step5.
再度「解約する」をタップ
・アンケートに回答し、「解約する」をタップ

以上でHuluの解約が完了です。

>>>Huluの2週間お試し視聴に登録する

 

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.