News トレンド

ジョギング中はマスクの代わりにバフを!山中教授も推奨する感染対策

「在宅勤務でジョギング人口が増加している!?」そんな話もうなずけるほど、外を走っている人の数は減っていないですよね。

新型コロナウィルスの感染拡大が止まらない今、ジョギング中の感染リスクに警鐘を鳴らす人も増えています。

なぜなら、マスクをしていない人も多いから。マスクをして走るのは確かに息苦しいと思います。

しかし、ジョギング中は普段よりも感染リスクが高いことも報告されています。

「マスクの代わりにバフを!」そんな情報をお届けします。

 

在宅勤務でジョギング人口増加!?

 

FNN Prime onlineによると、

全国への緊急事態宣言が出されて、最初の日曜日(4月19日)に各地の人出は大都市圏で8割ほど減り、軒並み減少していたそうです。

NTTデータが携帯電話の位置情報などをもとに推計したデータ(4月19日午後3時時点)によれば、東京・新宿は1月~2月の感染拡大前と比べて79.9%減少、渋谷センター街は77.6%減少、大阪・梅田は86.9%減少と、大都市で軒並み減少とのこと。

しかし、人出が減少している中、にぎわいが見られたのが都内の公園で、普通の休日と変わらない人出だった様子。

ランナーの波は途絶えることがなかったとのことです。

人と人との間隔を空けるソーシャルディスタンスは、「2m以上離れましょう」ということをよく聞きますが、ジョギングなどの場合、2メートルでは不十分だという研究結果が出ています。

ベルギーとオランダの大学が共同で制作した映像によると、走っている人の背後では、らせん状の気流ができます。

口から吐き出た唾液は、この気流に乗って後方へ飛び散り、2メートル後ろにいても、飛沫を受けてしまうということです。

飛沫を避けるのに必要な距離は、時速4kmでウオーキングした場合だと、4~5メートル。

ジョギングの場合だと、10メートルも離れる必要があり、さらに自転車で走る場合は20メートル離れる必要があるといいます。

ジョギング中は、吐く息の量も吸う息の量も増えるので、よりリスクが高そうですよね。

しかも、マスクを着用していない人も意外と多い!

「外だから大丈夫」とタカをくくるのは賢明ではなさそうです。

 

ジョギング中の無マスクは危険!山中教授も警鐘を鳴らす

 

ノーベル賞受賞者で、マラソン愛好家の山中伸弥教授も新型コロナウイルスの感染防止対策として、運動中の「ジョギングエチケット」を呼びかけています。

運動習慣のある人は特に、日課としているジョギングやトレーニングを止めるのはストレスがたまるもの。

そうでない人も、家の中に籠りきりでは息が詰まり、散歩がてらのジョギングをする人も増えています。

それだけに、屋外でのジョギングや散歩の際にも、一定の配慮が必要です。

 

ジョギング中はマスクの代わりに「バフ」が効果的!

https://twitter.com/hanako_fki/status/1252848320893997058?s=20

 

 

山中伸弥教授も提案されていましたが、ジョギングの時はマスクの代わりに「バフ」が効果的なようです。

「バフ」は口元を覆う布のことで、これだとジョギング中もマスクのように苦しくなく、感染防止効果もありそうです。

健康のために体を動かすことも必要だということは、誰もが理解していることではありますが、今の状況を鑑み、感染のリスク対策およびエチケットには対応すべきです。

最近は、小さなエチケット違反でもトラブルになりかねません。

ジョギングや散歩のときにも、「マスク」や「ジョギングバフ」で着けるようにしましょう。

 

お洒落バフで感染対策と健康維持を!

 

今やスポーツウエアもお洒落なデザインが当たり前になっている時代。

せっかくなら、ジョギングバフもお洒落にいきたいところですよね。

自作も難しくは無さそうですが、正直「めんどくさい^^;」という人も多いと思います。

市販のジョギングバフもお洒落なデザインがたくさんあります。

お気に入りを見つけてみてくださいね。

まとめ

まだまだ収束の時期が見えない新型コロナウィルス問題。

今、収束を期待するよりも、「with コロナ」の状態で如何に快適に暮らしていくかを考えるほうが良さそうです。

その為には、TPOに合わせたソーシャルディスタンスと感染予防対策が必要不可欠です。

そういう意味では、ジョギングバフは、とても有効な感染予防対策になりそうですね。

 

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.