テセウスの船 ドラマ

テセウスの船・黒幕はせいや!9話からの伏線とモヤっと感を考察する

テセウスの船・謎がどんどん深まった第9話。黒幕(真犯人)候補が続々と出てきました。

そして最終回で、ついに黒幕が判明しました。黒幕は田中正志(霜降り明星:せいや)だった!

正志が佐野文吾を恨む理由が、9話からの伏線だったんですね。

それでは、『テセウスの船』の9話~最終回を考察していきます!

 

【テセウスの船】第9話のあらすじ

 

番組ホームページに以下ようなあらすじが提供されています。

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。

連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。

文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。

音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。

心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。

そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。

追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?

そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!

出典:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/

 

【あらすじ追記】放送を見てのあらすじを追記していきます♪

 

真犯人によって拘束された文吾は、目隠しをされて物置小屋のような建物中で椅子に縛り付けられていました。

TVからは、佐野家に押し寄せたマスコミに、妻の和子が果敢に対応する音声が聞こえてきます。

嬉しくなった文吾は近くにいるであろう真犯人を挑発してしまうが、またスタンガンによって気絶させられてしまいました。

一方、心は佐野の行方を知っている可能性のある唯一の人物、ミキオに会うためにミキオが入院している病院に会いに行きます。

しかし、ミキオは意識不明の状態。看病していた木村さつきに追い返されてしまいます。

木村さつきは佐野文吾が犯人だと決めつけている様子。

この時の様子は、老後に佐野文吾に恨み言を言う木村さつきになっているようでした。

 

心が駐在所に帰ってくると、駐在所の机の上には心が捨てたノートが置いてあるのでした。

中を開くと、1枚のプリントが。

そのプリントは、1977年に開催された音臼村祭のチラシ。

田村心は、当時のチラシを作製した音臼小校長・石坂秀夫(笹野高史)に会い、何が起こったのかを確認しました。

石坂校長の話では、1977年の音臼村祭で起こった事件は「食中毒事件」でした。

キノコ鍋の中に毒キノコが混じってしまい、それを食べた人が食中毒に。

そして不幸にも、徳本卓也(今野浩喜)の母親が食中毒で亡くなっていました。

ただ、これは事故として処理されたようで、徳本もこの件で誰かに恨みを持ったということも無さそうです。

ここで不可思議だったのは、石坂校長は心が佐野文吾の息子であること、そして未来から来た人間であることを察しているような口ぶりだったこと。

そして、心が部屋から出て行ったあと、部屋に入ってきた木村さつきと石坂校長の会話では、心が校長に会いに来ることが想定されていたような会話がされていました。

この二人も真犯人とグルなのか!?

 

拉致されていた小屋を逃げ出した佐野は、心と偶然会うことができ、家に帰ることができました。

家では家族に大歓迎され、徳本と井沢は文吾を元気づけようと猪鍋をふるまいます。

翌日、文吾は警察ですべてを話しました。

しかし、文吾を嫌う馬淵は一晩文吾を留置します。

翌日、和子が迎えにきて文吾は解放されました。

 

同じ頃、警察無線に林の中で不審なものが発見されとの連絡が入ります。

三島あかねちゃんの写真、オイル切れのライター、割れたフロッピーディスク...フロッピーには「駐在日誌」と書かれていました。

また、不審なものを見ながら連絡する経時のそばには、田中正志と石坂校長の姿が・・なぜ?。

連絡を受けた馬淵は、急いで佐野の駐在所へ。

馬淵は駐在所につくと真っ先にワープロを起動します。

ワープロの中には、なぜか過去ミキオが打ったと思われる、一連の事件に関する日記のような文章が残っていました。

そして、決定的な以下の一文にたどり着きます。

「今までの証拠品はばれないように村はずれに捨てた。でも念のため、青酸カリは家の裏庭に埋めた」

馬淵が裏庭を掘り出すと、ビニール袋に包まれた青酸カリの瓶が出てきます。

誤解だという心の言葉を馬淵は聞こうともしません。

そこに帰ってきた文吾は、馬淵に逮捕され、警察署に連行されてしまいました!

やはり、文吾は犯人にされる運命にあるのでしょうか?

 

【テセウスの船】9話の謎を考察

 

8話から原作とは異なるストーリー展開になってきていましたが、9話では更に複雑な展開になってきました。

原作の真犯人は「ミキオ」。

心と一緒にタイムスリップしたであろう木村ミキオと子供の加藤ミキオが協力して自らの欲求を満たそうとするストーリーですが、ドラマはこの結末ではなさそうです。

 

199年音臼村祭の伏線は回収された?

9話の新たな伏線として出てきたのが、1977年の音臼村祭のちらし

この時に何かが起こっており、何者かが文吾に恨みを持つことになったということなのでしょうか?

この祭りの時、食中毒が発生し、徳本卓也(今野浩喜)の母親が亡くなっていますが、文吾に恨みを持つような事故ではない気がします。

この伏線は回収されたと考えて良いのではないでしょうか?

しかし、この件で更に複雑な謎が出てきます。石坂校長と木村さつきです。

 

石坂校長はなぜ知っている?

心が1977年の音臼村祭について、石坂校長に話を聞きに行った時の石坂校長の発言と木村さつきの登場が謎です。

石坂校長は、明らかに心が文吾の息子で、未来から来た人間であることを見抜いています。

なぜ見抜けたのか?

音臼村では昔から"霧の出た日に神隠しに合う"という言い伝えがあります。

心もその"神隠し"にあった一人なワケですが、他にも未来から来た人間がいるということではないでしょうか?

その事を知っている石坂校長は、心が未来から来た文吾の息子であることを察したということでは?

そして校長室に木村さつきがやって来たときの発言「はやり、ここにも来ましたな。」「ミキオ君の意識はまだ戻りませんか?」

石坂校長と木村さつきは、何らかの情報を共有しているようです。

 

木村さつきがミキオを溺愛する理由

木村さつきはミキオの担任の先生です。

確かに生徒は可愛いでしょうが、その溺愛の仕方が異常だと思いませんか?

9話でも意識のないミキオに顔を寄せ、「ミキオ君は私が守る...」と言った時の愛情表現は、まるで実の母親です。

ミキオは身寄りのない子供です。

もし、ミキオが未来から来た木村さつきの実の子供だったとしたら.....

そして、そのことを石坂校長は知っていたとしたら.....

ミキオがサイコパスであることを木村さつきは知っていて、だからこそ自分がそばにいてミキオを守りたいと思っているとも考えられますし、

ミキオがサイコパスなのは、木村さつきからの遺伝で、木村さつき自身もサイコパスなのでは?

.....という、個人的な妄想です^^;

最終回追記!

"ミキオが未来人で、さつきが実の母では!?"という予想は、見事に外れでした^^;

木村さつきは高校1年生の頃に妊娠、堕胎をしていて、子供に対する思いが強かった。

生まれてくるはずだった自分の子供を憐れむ気持ちが、罪のない(と思っている)ミキオが苦しむ姿を見たくない、自分が守りたい、という気持ちになっていたようです。

そして、このことが石坂校長と共有されている情報だったのです。

 

宮城県警監察官室・馬淵(小藪)の恨みとは?

9話で新たに登場した人物が、宮城県警監察官室の馬淵(小藪)です。

最初から、明らかに佐野文吾を敵視しており、恨みを持っているとしか思えないほど憎んでいる。

馬淵には昔から嫌われていたと文吾は言っていましたが、それには理由があるはず。

ここは謎に満ちています。

これだけ文吾を恨んでいるということは「黒幕は馬淵では?」と思わせますが、匂わせ方が強すぎて逆に馬淵の黒幕説はないかなと思われます。

 

【テセウスの船】最終回のあらすじ

 

番組ホームページのあらすじは以下▼

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)

大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?

そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。

それは、心に究極の選択を迫るものだった。

過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。

やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。心と家族の未来はどう変わるのか……?

 

【あらすじ追記】放送を見てのあらすじを追記していきます♪

 

佐野文吾は留置され、馬淵の厳しい尋問を受けます。

そんな中で、本の差し入れが届きます。差し入れ人は不明。本は「サラダ記念日」。

パラパラと中を読んでいた文吾は愕然とします。

その後、和子と心が文吾との面会に訪れますが、文吾は「自分が真犯人だ」「ミキオの共犯者は俺だ」と言い出します。

それは勿論ウソです。「サラダ記念日」に書かれていたことは後にわかりますが、本の文字にいくつか○で囲まれている文字があり、その文字をあわせると「つみをみとめろ家族みな殺し」。

これを真犯人からのメッセージと受け取った文吾は、家族を守るために自分が罪を被ろうと考えたのでした。

 

一方、意識を取り戻したミキオは記憶を失くした"フリ"をします。そうやって同情を買って周りの人間を信用させたのです。

数日後、心を呼び出すメッセージを残してミキオは病室から消えます。

ミキオが心を呼び出したのは、学校の教室。ここで心はミキオと対峙します。

そしてミキオは、心にすべてを話します。

犯行の動機が佐野鈴のヒーローになりたかったこと、しかし鈴は父親の佐野文吾を正義の味方だと思っていて、佐野文吾がいなくなれば自分が正義の味方になれると思ったこと、そして千夏ちゃんパラコート事件からの一連の事件を自分が起こしたことを。

しかし、作戦はうまく進まなかった。

ミキオは、今の状況で自分が鈴のヒーローになるには、佐野文吾を釈放させてあげることだと考えました。

「作戦変更だ!」ミキオは自分の告白を全てレコーダーに録音していました。

そして、瓶に入れた毒を心の目の前で飲んだのでした。

ミキオは自分が犯人であることを知らせることで、佐野文吾を釈放しようと考えたのです。そして毒を飲んだ。

ミキオは病院に担ぎ込まれました。。。

 

犯人が判明し、佐野文吾は釈放されます。

文吾と心は、石坂校長が関与しているのではないかと校長を探しますが、校長が行方不明に。

後に、10年絶縁状態だった東京の息子に会いに行ったことがわかります。

 

そんな折に、心が駐在所の玄関に佐野文吾宛の茶封筒に入った手紙が差し込まれているのを見つけます。

手紙には、事件に関する資料と佐野文吾の家族を3月19日に皆殺しにするとのメッセージが!

これは真犯人からの手紙だったのです。

更に「皆殺しが嫌なら1人で来い」「音臼神社 明朝8時」との文字。

ついに真犯人との直接対決が始まります。

 

真犯人からの手紙を読んだ心は、佐野文吾には伝えず、自分が決着をつけるべく、音臼神社に向かいます。

しかし、待っても真犯人は現れません。

実はその時、音臼神社に現れたのが佐野文吾ではなく、心だということに気付いた真犯人は、佐野文吾に無線でウソの情報を流していました。

心に背格好の似た男が、山小屋の近くで倒れているとの無線を。

家族に別れの手紙を残して姿を消した心を、佐野文吾は探していました。そこに、この無線。

佐野文吾はすぐに山小屋に向かいます。

 

心を探す佐野文吾の背後に真犯人の姿が!

真犯人は、背後から佐野文吾をナイフで刺したのでした!

わき腹を刺され、振り返った佐野文吾の背後に立っていたのは.......

 

【テセウスの船】原作とは異なる「黒幕」は、正志(せいや)だった!

 

徳本に、「村に溶け込んだ」と言われていた田中正志。

後の世で、木村さつきを殺し、自らもミキオに殺された人物。

林の中の不審物のそばに立っていて、恐らく不審物を警察に通報したのも正志。

 

最終回追記!

最終回で判明しました。

「黒幕」は、やはり田中正志(霜降り明星・せいや)だったのです!

 

1977年の音臼村祭りで起きた食中毒事件。

キノコ鍋に入れたキノコの中に、毒キノコが混ざっており、徳本卓也(今野浩喜)の母親が亡くなってしまいました。

この時、警察は、誰が毒キノコを入れたのか、突き止めていました。

毒キノコを入れたのは、田中正志の母親だったのです。

田中正志の母親は、犯人として扱われ、田中正志から離婚させられます。

そして、正志と正志の妹は母親と一緒に音臼村を出ますが、その暮らしは大変厳しいものでした。

母親は散々苦労した挙句に死んでしまい、妹と2人に。

正志は妹を自分の手で育てようと、必死に頑張りますが、どこにいっても「殺人犯の子だ!」といじめに合い、妹は自殺してしまいます。

この食中毒事件を捜査していたのが文吾だったのです。

 

正志が父親が大病をして音臼村に帰ってきたとき、佐野文吾は正志にこんな言葉をかけていました。

「家族は大事にしないとな。」

その言葉で、佐野文吾のせいで家族をめちゃくちゃにされた正志は、同じ苦しみを佐野とその家族にさせようと決めたのでした。

正志とミキオは、佐野文吾が邪魔だという共通の目的で結託し、一連の事件を起こしていったのでした。

 

佐野文吾と正志がもみ合っている最中、事態を知った心が駆け付けます。

そして、正志が持ったナイフを取り上げようと3人がもみ合っているうちに、ナイフが心の胸に刺さってしまいます。

深く胸に刺さったナイフ。

佐野文吾は、心を抱きかかえ「死ぬな!」「お前は俺の息子だ!」と叫びます。

しかし心は、そこで息絶えてしまいます。

 

ラストシーン。

大人になったミキオと、ミキオの母になった木村さつきは、一緒に喫茶店を営んでいました。

過去と違い、幸せそうな親子として。

 

そして、佐野文吾の家族の家には心が生まれ、大人になって由紀と結婚し、由紀のお腹には赤ちゃんが。

お腹の赤ちゃんは、女の子。

佐野文吾は、赤ちゃんの名前を提案したいといいます。

その名前は「未来(みく)」。

過去の心が子供に付けていた名前。そして、今、息子である心も同じ名前を付けようと考えていたというのでした。

幸せを絵にかいたような家族。

この家族の歴史は全く変わってしまいましたが、同じ家族。

テセウスの船。

 

【テセウスの船】最終回を考察する。

 

テセウスの船、最終回が近づくにつれて、黒幕候補がどんどん増えていき、"匂わせ"方が凄かったですね。

最終回になっても、石坂校長の息子が怪しいという"匂わせ"もありましたし、「サラダ記念日」に書かれていたことについては、「きっと家族の誰か(鈴?)が真犯人であることを示唆することが書かれていて、文吾は家族を守るために自分で罪を被ることにしたのでは?」という妄想まで働いてしましました^^;

いろいろ妄想しちゃう質なもので(笑)

結果、田中正志(せいや)が黒幕だったという結論なのですが...

正直、ちょっとだけモヤっとしてしまいました。

緻密に計画を立てるミキオの黒幕が、正志というのがなんかしっくりこない。。。なんか雑っぽいじゃないですか^^;

逆ならしっくりなんだけど。

それと、やっぱりこの二人がつながる伏線が欲しかったなぁ。

別々の犯人が起こした事件のような感覚が残って、二人で起こした事件という感じがしないというか。

 

と、ネガティブチックなことを書いてしまいましたが、めっちゃ楽しませてもらったのは間違いありません。

こんなにドラマを真剣に見たのは何年ぶりだろう?、くらい毎回真剣に見ましたからね^^

子役の皆さんの演技も素晴らしかったし、麻生祐未さんの怖いこと怖いこと。オカルトなイメージを持ってしまうんじゃないかと思うくらい、迫真の演技でしたよね。

ちなみに「木村さつき」でTwitterアカウント作られてて、素の麻生祐未さんの投稿が読めますよ^^

それに、由紀(上野樹里)さんがかわいかったですよね!ラストシーンでちゃんと心のお嫁さんになってて安心しました。

竹内涼真さんと鈴木亮平さんの演技も、個人的には素晴らしかったと思います。

視覚的には親子に見えないけど、心情的にちゃんと親子に見えてくる、そんな演技だったと思います。

竹内涼真さんの視聴者をヤキモキさせる演出が何とも言えなかったですね^^;

Twitterでも「なんで、ここで逃げるんだよ!」とか、「それだと犯人にされちゃうだろ!学べよ!」とか、手厳しいご意見が多くつぶやかれていました(笑)

最終的に、ハッピーなラストシーンで終わったのはホント良かったです。

 

まとめ

最終的に、音臼村の一連の事件は、加藤ミキオと田中正志が起こした事件という結末でした。

皆さん、意外でしたか?

それとも、モヤモヤしていたものがスッキリしましたか?

いや、まだモヤモヤしている方もいらっしゃるかもしれませんね。

個人的には、ちょっと無理やり感が否めない結末という気がしています。

でも、ハッピーエンドは、とりあえず安心して見終わることができて良かったです^^

皆さんはいかがでしたでしょうか?

 

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.