ドラマ

松尾紀子が見た真犯人とは?隠したい木村さつきの謎テセウスの船5話

テセウスの船第5話が放送されました。

父・佐野文吾の無実を証明するために証言すると言ってくれた「松尾」という謎の人物。

この「松尾」という人物、恐らく偽名だと推測します。正体は、アノ人。。。

 

第4話では、現代に帰ってきた田村心でしたが、以前いた世界とは変わってしまっていました。

逮捕され老いた父・佐野文吾と姉の鈴に会った心でしたが、鈴は整形し、名前も替えて「木村みきお」と暮らしていました。

木村みきおの母親は「木村さつき」。

木村親子は音臼小事件の被害者であり、犯人である佐野文吾を憎んでいました。

岸田由紀の支援を得て、文吾の無実を証明しようとする心でしたが、それを阻止しようとする木村さつき。

いったい、なぜ?

第5話をネタバレしていきます。

 

テセウスの船第5話のあらすじネタバレ

番組ホームページによる第5話のあらすじは以下のとおりです。

タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。

それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。

その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。

文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。

果たして、さつきの魂胆とは何なのか?

そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。

父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。

引用:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/story/

 

 

証言者・松尾は偽名か?正体はアノ人か?

 

第4話で心は、音臼小事件の真実を語ってくれる人を探すために、今年で最後となる「被害者の会」で自ら訴えるようとしましたが、不参加予定だった木村さつきが突然現れてそれが出来なくなってしまった。

代わりに岸田由紀が被害者の会で壇上に立ち、真実を語って欲しいと訴えます。

その訴えが功を奏し、後日真実を証言してくれるという「松尾」という人物が出てきます。

この「松尾」という人物は、「佐々木紀子」と思われます。

佐々木紀子は、音臼村で木村さつきの父親が経営するメッキ工場に勤めていた女性です。

工場から青酸カリを盗み出し、長谷川翼にそれを渡していた人物です。

長谷川翼は、この青酸カリで服毒自殺しました。

 

追記します!

「松尾」さんは、やはり「佐々木紀子」でした。

結婚して「松尾」というせいになっていたんですね。

松尾紀子は、刑務所に、佐野文吾に会いにきました。

そして、娘から反対され、証言が出来ないことを詫びたのでした。

そんな松尾紀子に、「あなたはもう十分に苦しんだお顔をされている。これからは自分を大切にして、幸せになってください。」と優しい言葉をかける文吾。

自宅に帰る途中、そんな文吾の言葉を思い出しながら、松尾紀子はやはり証言しようと思い直したのでした。

 

証言者を追い詰める木村さつきの魂胆は?

https://twitter.com/car_idol/status/1226774783414521856?s=20

 

「松尾」という人物が、文吾が有利になる何らかの証言をするということを嗅ぎつけた木村さつきは、それを阻止しようと画策します。

木村さつきは、村田藍が「佐野鈴」であることも知っています。

それをネタに村田藍を自分が考えた陰謀に巻き込んでいきます。

木村さつきの魂胆は何なのか?

やはり、木村さつきが真犯人なのか?

それとも、真犯人をかばうために、画策しているのか?

 

追記します!

「松尾」さんが、佐々木紀子であることを突き止めた木村さつき。

松尾紀子が証言しないよう、村田藍を使って証言を止めさせようとします。

松尾紀子の証言を聞くために田村心は自宅を訪ねますが、そこに急に村田藍も現れ、一緒に話を聞くと言います。

村田藍は木村さつきに指示を受け、松尾紀子が核心の話をしようとしたとき、木村さつきに渡されていた錠剤を飲み、倒れてしまいます。

救急搬送される村田藍。心も付き添って病院へ。

そんな騒ぎの合間に、松尾紀子の家に木村さつきがやってきました。

そこで木村さつきは、松尾紀子が証言しようと考えていることを確認し、紙袋を渡します。

その紙袋に入っていたものとは.....

 

松尾紀子の証言:

松尾紀子は、事件当時、長谷川翼と一緒に暮らしており、ある日長谷川翼から青酸カリを盗んでくるように命令されます。

紀子はメッキ工場に勤めており、青酸カリを取り扱える立場にいました。

紀子は長谷川翼からの暴力を恐れて、盗んだ青酸カリを長谷川翼に渡します。

その行為が、明音ちゃん誘拐事件に繋がり、長谷川翼の服毒自殺事件につながってしまった。

その事に心を痛めた紀子は、自殺をしようと森の中へ。

そこで紀子は目撃したのです。

事件を捜査していた金丸刑事が何者かに崖から突き落とされて殺されたのを。

突き落とした犯人は、未来のことが書かれているノートを持っていると言っていました。

姿は見えませんでしたが、その声の主には心当たりがありました。

その声の主とは....

 

声の主について話そうとしたところで、村田藍は木村さつきに渡させた錠剤を飲み倒れてしまい、証言の話しどころではなくなってしまったのです。

すべては、木村さつきの計算通り。

村田藍が救急搬送された後に、松尾紀子に会いに来た木村さつきは、松尾紀子が証言しようと考えていることを確認し、紙袋を渡します。

 

ほどなく、田村心は松尾紀子の家に戻ってきますが、家の前には救急車が。

そして、岸田由紀から松尾紀子が亡くなったことを聞かされます。

救急車に載せられているのは木村さつき。

 

<ネタバレ注意!>

松尾紀子は、木村さつきから差し出された紙袋の中の「いもようかん」を食べたものと思われます。

「いもようかん」には毒物(青酸カリ)が仕込まれていたと思われ、木村さつき自身も死なない程度に一緒に食べ、薬物中毒で救急搬送されたのです。

そこまでして、真犯人を隠し、佐野文吾を死刑にしたい理由は何なのか?

次回、第6話に続きます。

 

まとめ

 

第5話では木村さつきの陰謀が、より明確になってきましたね。

あきらかに、木村さつきは真犯人、もしくは真犯人を知っているものと思われます。

今後、どうストーリーが展開していくのか、ハラハラドキドキです!

第6話も楽しみにしましょう。

 

-ドラマ

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.