ドラマ

【テセウスの船】なぜミキオの母親に?木村さつきに真犯人の疑い

竹内涼真主演のドラマ『テセウスの船』第4話が放送されました。

書き換わった現代で、姉の鈴は謎めいた車椅子の男と暮らしており、木村先生が車椅子の男の母親に。

車椅子の男は鈴の同級生「加藤ミキオ」であり、木村先生は影のある冷たい印象の女性になっていました。

真犯人は木村先生か?

この謎をネタバレしていきます!

第3話では、またしても"あの霧"に包まれた田村 心(竹内涼真)は、平成元年から現代にタイムスリップしてきました。

帰ってきた現代は、心が過去を変えたがために、最悪の状況に書き換わっていたのです。

 

【テセウスの船4話】平成元年から現代へ帰った世界は変わっていた

心はまた霧に巻かれて、現代にタイムスリップし、帰ってきました。
しかし、帰ってきた世界は、以前とはまるで変っていたのです。
心の行動が歴史を変えてしまっていた。

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。

父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。生き残った姉は行方知れず。

自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。

最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。

拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。

心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。

音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

引用:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/story/ep4.html

 

現代は変わっていましたが、『音臼小無差別殺人事件』は起こっていたのです。

そして、心の家族は一家心中を図り、生き残ったのは心と鈴。

姉の鈴は名前を変え、自分の過去を隠してひっそりと生きていました。

そして、鈴には内縁の夫がいましたが、何かを知っているようなミステリアスな男でした。。。

 

【テセウスの船4話】鈴の内縁の夫(車椅子の男)は加藤ミキオ

 

鈴は、「村田藍」と名前を変え、過去を隠して生きていました。

藍は内縁の夫と暮らしていました。

内縁の夫は車椅子に乗っていて体は不自由ですが、鈴にも優しく、鈴も献身的に内縁の夫を支えて、つつまくも幸せな毎日を送っているように見えます。

この車椅子に乗っている内縁の夫の名前は、『木村みきお』。

音臼小で鈴と同級生だった"加藤"みきおです。

木村さつき先生の養子になり、"木村"姓を名乗っていました。

みきおは、『音臼小無差別殺人事件』の被害者であり、事件の後遺症で足が不自由になっていたのです。

藍は、自分が事件の犯人である佐野文吾の娘であることを隠し、被害者であるみきおに尽くそうとしていたのです。

 

【テセウスの船4話】木村さつきはなぜミキオの母親に?

そして、驚くことに車椅子の男・加藤みきおの母親は『木村さつき』(麻生祐未)でした。

木村さつきは、音臼小で鈴やみきおの担任だった先生です。

実は、親を亡くしたみきおを引き取って、養子としてみきおを育てていたのです。

明るく、優しかった木村先生ですが、年老いてからの木村先生は、何か陰のある、少し怖いような女性になっていました。

息子のミキオを溺愛する母親。どこか鈴を蔑み、陰湿な態度をとるような印象。

鈴の写真の顔部分をペンで強く塗りつぶす様子は、鈴を憎んでいるとしか思えません。

そして、佐野文吾を「絶対に許さない」という強い言葉。

「どうしても佐野文吾を犯人にしておきたい」そう考えている印象を持たせる言葉と行動を取ります。

このことから、真犯人は木村さつきではないかという疑いが出てきました。

『原作とは犯人が違う』と原作者の東元俊哉さんが言っているので、加藤みきおは犯人ではない。

そうなると『真犯人は木村さつき説』も可能性あります。

 

まとめ

過去を変えたことで、現代が予想外の状況になっていました。

このまま、変わってしまった現代で心は生きていくのか?

それとも、もっと変わってしまうのか?

謎めいている、加藤みきおと木村さつき親子の本心は何なのか?

次回以降もネタバレしていきます!

 

-ドラマ

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.