ドラマ

テセウスの船3話心のノートを拾ったのは誰?絵で犯行予告する真犯人

2月2日(日)放送の『テセウスの船』第3話

3話では、逮捕直前、心は未来のことが書いてあるノートを捨てますが、そのノートを拾ったのが犯人という可能性が出てきます。

またも犯行予告とも考えられる奇妙な絵を残す犯人。

次のターゲットは誰なのか?

原作者の東元俊哉さんがドラマは原作とは犯人が違うということを明らかにしています。

ドラマの真犯人はいったい誰なのか?

第3話をネタバレ、考察していきます。

 

【テセウスの船】心のノートを拾ったのは誰?

 

2話では、犯人かと思われた長谷川翼は死んでしまいました。

翼は真犯人ではなかったのです。

そして、誘拐され山小屋に閉じ込められていた明音は生きていました!

心を疑う刑事の金丸は、心を逮捕します。

絶対にノートの中身を見られたくない心は、捕まる直前にノートと免許証を捨てます。

心は厳しい取り調べを受けますが、ほどなく釈放されます。

釈放はされたものの、住民は心のことを疑っており、それは佐野家にも迷惑をかける事態になっていました。

嫌がらせの電話がひっきりなしに掛かり、子供の鈴や慎吾も学校でいじめられていました。

それでも、明るく、心を守ろうとする佐野家の人々でした。

 

そして駐在所のポストに、ノートと一緒に捨てたばずの免許証入っているのが見つかります。

これは「ノートは自分が持っている」ということを知らしめるための犯人の挑発なのか?

 

【テセウスの船】犯人はまた不気味な絵で犯行予告

 

そして鈴のキーホルダーと、あの奇妙な絵が学校で見つかります。

これは、犯人の犯行予告なのか!?狙われているのは鈴なのか?

 

そして、そんな折、差出人不明のオレンジジュースが学校に届きます。

子供たちは無邪気にそのジュースを飲もうとしてしまいますが、心は必死にそれを止めます。

ジュースの箱には「21」の文字。

「21」は、音臼小事件で被害に遭う人の数と一致しています。

幸いジュースに毒は入っていませんでしたが、これはノートを呼んだ犯人からの挑戦状とも考えられます。

 

【テセウスの船】音臼小無差別殺人事件を告白する心

 

これ以上、佐野に真実を隠しておくことはできない。

ついに、心は佐野に音臼小で大量無差別殺人事件が起こることを告白します。

そしてその犯人をして逮捕されるのが佐野であること。佐野は自分の父親であることも。

佐野は心の言葉を受け入れることが出来ず、心に「この村から出ていけ!」と怒鳴り、追い出してしまいます。

 

追い出された心は、最後の頼みと、刑事の丸山に全てを打明けます。

丸山は心が本当のことを話せは、自分の知っていることも話すと。

しかし、丸山は自分のことは話さず、心の言うことが信じられるかどうか調べたいという。

そんな丸山も、崖から下を覗こうとしたときに、背後にいた何者かから突き落とされてしまう。

 

また、お稲荷さんの境内を佐野と一緒に歩いていた心は、また"あの霧"に巻かれて、現代にタイムスリップしてしまいました。

そこでは、過去が書き換わっており、もっと悲惨な事態に。

佐野和子(榮倉奈々)は無理心中を図り、亡くなっていたのです。

長男の慎吾も亡くなり、心と鈴が生き残っていました。

 

【テセウスの船】真犯人は誰か?(考察)

 

原作では、犯人は鈴と同級生の『加藤みきお』なのですが、原作者の東元俊哉さんがドラマは原作とは犯人が違うということを明らかにしています。

では、ドラマの犯人は誰なのか?

考察してみたいと思います。

まず、佐野文吾が犯人でないことは間違いないので除外します。

鈴の同級生も、『加藤みきお』以外は怪しいところがありません。

 

残る登場人物は...

佐々木 紀子(芦名 星)......長谷川 翼の婚約者でメッキ工場勤務。青酸カリを持ち出している。

田中 正志(せいや/霜降り明星)......田中のじいさんの息子。

徳本 卓也(今野浩喜)......村人。今のところあまり関与していない。

金丸 茂雄(ユースケ・サンタマリア)......刑事。3話の最後で殺された可能性も。

石坂 秀夫(笹野高史)......音臼小校長

井沢 健次(六平直政)......村人。今のところあまり関与していない。

木村 さつき(麻生祐未)......音臼小の先生。原作では加藤みきおの共犯者。

 

消去法でいくと、徳本 卓也と井沢 健次、田中正志は、ストーリーへの関与があまりないことから除外。

石坂 秀夫も校長先生という立場で、子供たちの大量殺人を企てるとは思えません。

刑事の金丸茂雄は、何やら怪しい動きもありますが、3話のラストシーンで崖から突き落とされていることから、犯人ではないものと思われます。

残るは、青酸カリを持ち出して、長谷川翼に渡した佐々木紀子と、音臼小の先生・木村さつきということになります。

どちらにも、今のところ明確な動機となるものが見当たりませんが、まだ明らかになっていないだけかもしれません。

佐々木紀子木村さつき、この2名のどちらかが真犯人ではないでしょうか?

もしくは2人の共犯という可能性も。

 

まとめ

第3話では、かなり話が進展しましたね。

ついに心は、佐野に全てを話しました。

現代に戻ってしまった心はこれからどうするのか?

第4話以降も楽しみです。

 

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.