ドラマ

テセウスの船2話・絵を描いているのは誰!?鈴と明音の誘拐予告か?

竹内涼真主演ドラマ『テセウスの船』第2話が放送されました。

第1話では、主人公の田村心(竹内涼真)が事件の真実を知る為に北海道に行き、そこで事件当時にタイムスリップ。

過去の事件と同じように千夏がパラコートを飲んで死んでしまいました。

そして心は、音臼小学校で臨時教員をして働くことになりましたが、過去に起こった事件を阻止し、過去を変えようとします。

3日後に火事になるはずの田中義男(仲本工事)の家に様子を見に行った佐野と心は、気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを見つけます。

また、音臼小学校では飼われていたウサギが何者かに毒殺されいるのが見つかります。

そして、佐野鈴(白鳥玉季)が行方不明に

少女二人の絵と鈴の行方不明にはどんな関係が?、鈴は助かるのか?

テセウスの船2話をネタバレしていきます!

 

【テセウスの船】不気味な少女二人の絵が見つかる。

https://twitter.com/theseus_tbs/status/1221350586177601537?s=20

 

心がもと居た世界では、田中義男の家は火事になることになっていました。

田中宅の火事は、事件か事故かわかりませんでしたが、佐野文吾(鈴木亮平)と心は、これを阻止しようと田中宅の警戒に向かいます。

原作では、田中義男は歳のせいで体が不自由であるものの、音臼小学校の子供たちとの接触を生きがいにしており、子供たちからも慕われています。

そんな田中宅で、佐野と心は気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見します。

田中義男が書いたものではありません。いったい誰が書いたのか?

 

この絵は、これから起こる事件を示唆している絵なんです。

片方が黒く塗りつぶされた少女二人。そしてその上部に描かれたプロペラを付けた飛行機のような絵。

この後、佐野鈴が行方不明になります。

そして、もう一人行方不明になる少女が...

「プロペラを付けた飛行機のような絵」は、この少女の居場所に関係しているんです。

 

【テセウスの船】不気味な絵を描いたのは誰?鈴と明音は誘拐された?

https://twitter.com/2000Egoist/status/1221340254109462528?s=20

 

行方不明になった佐野鈴は、どこにいるのか?無事なのか?

そして、もう一人行方不明になっている少女は、第1話でパラコートを飲んで亡くなった三島千夏の姉・明音です。

鈴と明音は、心のことがキッカケで喧嘩をしていました。

鈴は仲直りをしようと、明音と話をするために出かけていたのです。

近隣の住民も総出で、鈴と明音を探します。

鈴と明音はどこに?

............

 

その後、鈴は見つかります。

鈴は、明音とバス停で待ち合わせをしていましたが、明音は来なかったのです。

鈴は、無事に見つかりましたが、明音は見つからず...

 

明音は何者かが小屋に監禁していたのです。

いったい誰が?

............

 

心は、二人の少女を書いた気味の悪い絵を、偶然子供たちに見られてしまいます。

しかし、これがキッカケで絵に描かれている竹とんぼのようなものが風速計ではないかという推測に至ります。

佐野と心は、風速計のある小屋を探し、カギをこじ開けて中に入ると、そこに明音がいました。

しかも、明音にはまだ息があったのです。

そこに、心の後をつけてきた刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)が入ってきて、明音をすぐに病院に運ぶよう部下に指示します。

金丸は、心が犯人だと疑っており、なぜこの場所がわかったのかと心に詰め寄ります。

手掛かりになる絵があることを佐野が告げると、金丸は絵を見せるよう心に言いますが、心は絵を見せることが出来ません。

未来のことが書かれたノートに挟んでいるからです。

あのノートの存在は知られてはいけない。

結局、心は公務執行妨害で逮捕されてしまいました。

そんなやり取りの中、警察無線から連絡が。

長谷川翼が死んでいるのが見つかったのです。

なぜ、長谷川は死んだのか?

明音を監禁した犯人は、やはり長谷川なのか?

真相は、次回以降の放送になります。

(ここから、ちょっとだけネタバレ。知りたい方だけ閲覧ください。)

 

明音を監禁したのは、長谷川翼です。

長谷川は、"ある人物"に命じられて、明音を監禁したのです。

 

原作では、その"ある人物"が、あの気味の悪い絵を描いた真犯人です。

鈴と明音の同級生の中にその真犯人はいます。

 

しかし!

ドラマでは“真犯人”が原作と違うということを原作者の東元俊哉さんが言っています。

ネタ元:https://thetv.jp/news/detail/221570/p2/

 

【テセウスの船】佐野と心が仲に亀裂が。第3話予告

 

鈴と明音の行方不明事件で、佐野と心が仲に亀裂が入ります。

未来から来て未来のことを知ってる心に、佐野は鈴がどこにいるかのを教えてもらおうとします。

未来のことが書かれているノートを見せて欲しいと頼みます。

しかし、心は答えられません。ノートを見せることが出来ません。

佐野には、心がノートを見せないことが理解できません。

鈴の命がかかっているからです。

「鈴を助けたくはないのか?」と。

それでも心はノートを見せることが出来ません。

ノートを見せてしまうと、佐野が大量無差別殺人事件を起こすことが知られてしまうからです。

心は、まだそれを佐野に知られたくなかったのです。

佐野は心に不信感を抱きますが、夜通し必死になって鈴を探す心の姿を見て、気持ちが変わります。

第2話はここまで。

気になる第3話は、番組の予告動画で見てみましょう。

 

まとめ

 

立て続けに事件が起こる展開。

音臼小学校無差別殺人事件が起こる前にいくつもの不可解な事件が起こっていくことになりますが、心はその過去を変えようとしています。

実際、少しづつ過去が変わっています。

音臼小学校無差別殺人事件を阻止することもできるのか?

それは未来にどう影響していくのか?

この一連の事件には真犯人が存在します。

原作とは異なる真犯人。果たして誰なのか!?

 

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.