ドラマ

4分間のマリーゴールド気持ち悪い!?兄弟で結婚に違和感の声多数

金曜10時のドラマ『4分間のマリーゴールド(4マリ)』第3話が放送されました!

ついにみこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)が義姉弟でありながら、愛を確かめ合うシーンが。。。

この禁断の恋が、ストーリー的に「気持ち悪い」との声が多く、キャストの問題も指摘されています。

一応、純粋な恋の物語なのですが、気持ち悪がられるのはなぜでしょうか?

【4マリが気持ち悪い!?ストーリーに違和感の声!キャストの問題も?】と題して、この意見を掘り下げてみたいと思います!

 

【4マリ3話あらすじ】ついにみことが告白を。

出典:https://mantan-web.jp/article/20191021dog00m200004000c.html

 

まずは、3話のあらすじから、ざっくり観ていきましょう♪

みこと(福士蒼汰)は緊急出動した事故現場で廉(桐谷健太)の親友であり、幼なじみの青葉広洋(佐藤隆太)と再会する。

フリーカメラマンとして海外で活躍する広洋は、次の仕事で日本を発つまで花巻家で暮らすことになる。

藍(横浜流星)の手料理で皆が食卓を囲む中、広洋は、絵を描くために様々な世界を見てみたいと言う沙羅(菜々緒)に、自分のアシスタントとして一緒に海外を旅しないかと誘う。

沙羅も乗り気になり、みことは複雑な感情を抱く。みことは沙羅の夢を応援したい反面、沙羅との残された時間を考え苦悩する。

そんな中、みことは救急で向かった工事現場で不意にケガを負ってしまう。

それを聞いて心配で駆けつけた沙羅に対して、みことは敢えて平静を装い、海外行きの背中を押してしまう…。

ある雨の日、車で駅まで沙羅を迎えに行ったみこと。

やはり海外には行って欲しくないと思い切って伝えようとしたみことに、沙羅は突然秘めていた思いを告白し…!?

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/ep3.html

 

広洋(佐藤隆太)の出現が、みことと沙羅の感情に微妙な変化を与えてしまった、という感じですよね。

ずっと気付いていたけど、隠そう隠そうとしていた感情を隠し切れなくなったというか。

結果、二人はお互いの身持ちを伝えあうことになります。

お互いが姉弟以上の感情を持っていることを確かめあったのです。

 

みことと沙羅に「気持ち悪い」の声

出典:https://thetv.jp/news/detail/208560/p4/

 

お互いが恋愛感情を持っていることを確かめ合ったみことと沙羅なんですが、そうはいってもふたりは義姉弟なワケですよ。

ここで、ちょっとみことと沙羅の関係性をおさらいしときます^^

なぜ二人が義姉弟かというと、

みことは幼いときに実の母親を失くしています。そして9歳の時に父親が再婚。

その再婚相手の子供が沙羅だったわけです。

つまり、お互い連れ子だったということで、血のつながりは全くないということです。

ただ、みことは幼い時から、姉となった沙羅に恋心を抱いていたんです。

なかなか複雑な心境になってしまう関係性なんですけども、結局大人になってもお互い惹かれあっていることを隠せなくなってしまった。

この二人の感情に対して、「気持ち悪い」という意見が数多く出てきています。

もちろん「いいじゃないか!」という意見もあって、賛否両論なワケです。

"血は繋がっていないとはいえ、子供の頃から一緒に暮らしてきた姉弟なのに、おかしいんじゃないか。"

"本当の姉弟じゃないんだし、愛し合う感情を抑えることなんてできるワケないじゃないか。"

わたしは正直、後者でして、自分がその立場だったら抑えられないいだろうな、と思いますし、「何が悪いの?」と思ってしまいますが、

あなたはいかがですか?

 

ネット上の反応は?

 

さて、この「気持ち悪い」論戦に、ネット上の反応はどうなんでしょうか?

関連のツイートをピックアップしてみました。

https://twitter.com/Mexican71422286/status/1185339053903962114?s=20

https://twitter.com/nissyneko/status/1186234000529977344?s=20

 

まあ、ツイートの意見も割れてますわな^^;

 

「気持ち悪い」はキャスティングの問題か?

 

しかしなんで、ここまで「気持ち悪い」という感情を持ってしまう人が多いのか、ちょっと不思議な感じもします。

結構、古典的なラブストーリーですし、共感を得ることのほうが多いような気がするのですが....

要因の一つとして、菜々緒がミスキャストなんじゃないかという意見があります。

exciteニュースには以下のような記事も。

視聴者からは「幼い頃から一緒にいる姉を異性として見るとか気持ち悪い」「姉と弟があんなに仲いいのとか不自然すぎる。普通はもっとドライな関係になるんじゃないの?」との声が挙がっている。さらに、毎回ショートパンツで美脚を見せつける菜々緒にも、「男兄弟いっぱいいるのにその格好はありえない。はしたなすぎ」「誘惑してるのかな?」との指摘も。

「原作ではみことと沙羅が絡むシーンが多く、2人の関係性が丁寧に描かれているのに対し、ドラマでは家族との絆や仕事に焦点が当てられているので、原作ファンからは「みことと沙羅の関係性がいまいち伝わりにくい。これじゃ“ただ美人な姉にうつつを抜かしてる弟”にしか見えない」

沙羅役の菜々緒の今までの役柄が“悪女キャラ”“女王様キャラ”が多かったため、「義理の弟でさえも誘惑する悪女しにか見えない」という声も挙がっており、「義理の姉を好きになるなんて気持ち悪い」と言われてしまう原因となっているのでしょう。

原作では沙羅の天真爛漫な雰囲気を演出させる要素でした。また、死期が近い人の細い四肢を見せることで、儚い雰囲気を出すといった意図もあるでしょう。しかし、菜々緒が脚を出してしまうと脚の長さだけが強調されて、儚い雰囲気が出ないのです。

引用:exciteニュース

 

確かに、ちょっとそれは思うんですよ。

"菜々緒に儚さを感じない"

悪女、女王様キャラは、もう板についてるんで、何も違和感を感じないんですが、そのイメージが強すぎるのか、菜々緒の演技力の問題なのか、

儚さを感じて、「助けてあげたい」「応援してあげたい」という感情に、イマイチなりきれないという。

そういう視聴者は多いのかもしれません。

あえて、新境地を開くためにこれまでとは違うキャラに挑戦しているのだと思いますが、まだなりきれていないのかなぁ。演出の問題もあるのかもしれませんが。

いずれにしても、女優・菜々緒にとって乗り越えるべき壁が見えてきたということでしょうね。

 

注目の第4話予告も!

第4話の予告も観ときましょう♪

 

-ドラマ

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.