陸上

右代(うしろ)選手インスタで喜び語る!嫁や家族いるの?年収は?

世界陸上の代表に“誤選出”され、世界陸連から出場資格がないと通達されていた男子10種競技の右代(うしろ)啓祐選手(33=国士舘ク)が、なんと出場可能になりました!

この件では、日本中がいたたまれない気持ちになりましたが、晴れて正式に出場可能となったのです!

「え、どうして出場可能に?」という疑問が湧きますよね?

その疑問と、右代啓祐選手のプロフィール、奥さんや家族の存在、そして気になる年収(^^;を調べてみました!

 

右代啓祐選手、繰り上げで世界陸上出場決定!

2019年9月27日にドーハで開幕となる陸上世界選手権で、日本陸連から1度は代表として発表されたにもかかわらず、その選考要項の不備により、国際陸連から世界選手権の出場資格がないと通達されていた右代(うだい)啓祐選手。

いままで必死の思いで準備してきたアスリートにとって、地獄に突き落とされるような通達ですよね。

この報道には、日本中の陸上ファンが腹立たしい気持ちといたたまれない気持ちになったと思います。

ところが!

日本陸連が20日、右代選手ら5人の出場が追加で認められたことを明らかにしました!

なぜ、追加出場が認められることになったかというと、「招待枠」ということなんです。

国際陸連は各種目でエントリー選手の上限数を定めていて、エントリー数が上限に満たない種目については、世界ランキングに基づいた招待枠を設定しているんです。

今回、同種目に欠場者が出たということで、繰り上げの形で出場の権利が回ってきたということになったんです!

右代のほかに招待された4選手は、男子は走り高跳びの佐藤凌(東日印刷)、やり投げの新井涼平(スズキ浜松AC)、女子では3000メートル障害の吉村玲美(大東大)、円盤投げの郡菜々佳(九州共立大)。

 

右代啓祐選手のプロフィール

「右代選手ってどんな選手?」って、陸上に詳しくない方は知りたくなりますよね?

私もそうです^^;

そこで、右代選手のプロフィールを調べてみました!

<<プロフィール>>

生年月日:1986年07月24日生まれ

所属:国士舘クラブ

出身地:北海道

身長/体重:196cm/95kg

出身校:大麻東中(北海道)→札幌一高(北海道)→国士舘大学

自己ベスト:十種競技:8308点(2014.5.31-6.1 日本選手権混成)日本記録  やり投:73.82(2009.10 群馬RC)   

主な代表歴:

・オリンピック(16リオ、12ロンドン)

・世界選手権(19ドーハ、17ロンドン、15北京、13モスクワ、11テグ)

・アジア大会(18ジャカルタ、14仁川、10広州)

・日本記録保持種目

・十種競技

 

恵まれた体格の持ち主ですね。

10種競技といえば、武井壮の名前が浮かびますが、武井壮は右代選手のコーチをしていたこともあるそうです。

 

右代啓祐選手、インスタやツイッターで喜び語る!

今回の出場決定、本人もすごく嬉しかったのではないでしょうか!

インスタやツイッターで、その喜びを語っています。

 

「メダル獲得の夢に近づける様、精一杯準備していきます。」

という、気を引き締める言葉が、その喜びと覚悟を表していますよね^^

一旦消えかけた火を再び燃えあがらせるのは、精神的にも大変じゃないかと思いますが、内定取り消しの際も「もっと強くなればいいということですよね」と不屈の精神を見せていた右代選手ですから、きっと大丈夫でしょう。

頑張って欲しいです。

 

右代啓祐選手、嫁や家族はいるの?

そんな右代選手ですが、奥さんや家族はいるんでしょうか?

ちょっとプライベートに迫ってみました^^

右代啓祐選手は、奥さん一人(当たり前!)、娘さん一人の三人家族を築かれています。

2013年2月に結婚されていて、奥さんは大学時代の陸上部で汗水流した同期ということで選手仲間。

奥さんもアスリートだったということですね。

お名前は「ちほ」さんというそうです。

そして、2014年に長女の「そら」ちゃんが誕生!

現在5歳ということになりますね。

インスタにかわいい投稿があります。

 

競技の時とは全く違う表情をしていますね。

完全に子煩悩な「パパ」の表情です。

しかし、この「そら」ちゃんもサラブレッド!10年後には日本の陸上界に名前が浮上してくる可能性大です。

というのも、右代選手の家族はアスリート家族!

お父さんは高校時代、投擲の選手で、お母さんは走り高跳びとハードルの選手で、日本インカレ(日本学生対校選手権大会)にも出場経験があるそうです。

右代啓祐さんの身長が196cmと高いのも、お父さんが176cm、お母さんが166cmと、基本的に高身長一家なんですね。

更には妹の右代織江さんも女子やり投げの選手で、現在新潟アルビレックスランニングクラブに所属していて、2014年に日本学生個人選手権で優勝しています。

弟である右代啓欣(ひろよし)さんもお兄さんと同じく十種競技の選手。2017年に関東学生陸上競技対校選手権大会で優勝しています。

そんな陸上アスリート一家なんです^^

 

右代啓祐選手、年収はどれくらい?

さて、余計なお世話ですが、

「そんな右代啓祐選手の年収ってどれくらいなんだろう?」って気になるひとも多いと思います。

右代選手は現在、国士舘大学大学院スポーツ・システム研究科博士課程に在学中で国士舘クラブ所属になっています。

よって、企業のクラブに所属しているわけでもないし、企業スポンサーがついているということでもないようなので、そこからの収入はないと思われます。

そうすると収入としては、

・日本陸連からの支給

・アジア選手権での金メダルでの賞金

・大学での指導料(?)

ということになるでしょうか。

明確な数字として表すのは難しいところですが、恐らくは一般的なサラリーマンの平均年収くらいなのかな、という気がします。

競技を続けていくのは大変ですよね。

ぜひ、世界陸上で活躍して起業スポンサーがついてほしいですね。

 

まとめ

https://twitter.com/jaaf_official/status/1120230114820624384?s=20

さて、めでたく世界陸上出場が叶った右代啓祐選手について、いろいろと調べてみました。

いかがでしたでしょうか?

9月27日からドーハでの世界陸上。日本選手団、そして右代啓祐選手の活躍に期待です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-陸上

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.