キャンプ

LEDランタンでかっこいい明かりの演出を!アンティークが映える!

夜のキャンプを粋に演出する"明かり"。キャンプビギナーとはいえ、ちょっとおしゃれにいきたいところですよね^^

実際、キャンプ場の夜は真っ暗で、何かしらの明かりがないと危険です。

機能的な面でも明かりは必要なんですが、せっかくならおしゃれに、かといってめんどくさいのはいやだから、LEDランタンというチョイスはどうでしょう?

キャンプビギナーのキャンプを粋に演出するおしゃれLEDランタンを紹介していきます!

 

ランタンの種類

 

ランタンには姿形を含め、沢山の種類がありますが、それぞれどう違うんでしょうね?

まずは知識として、燃料方式別に代表的なガス・ガソリン・LEDの違いを解説していきますね。

 

ガスランタン

ガスを燃料とするランタンで、ガス缶をセットし、マントルという網状の布を燃やして使用します。

取り扱いが比較的簡単で、ガスを燃料として使用する他の機材と燃料を統一できる点がメリットですね。

ただ、持続時間があまり長くないことと、ガス缶自体が冷えてしまうと明るさが一気に小さくなるため、冬場や寒い場所での使用には向いていないことがデメリットになります。

冬場には不向きのランタンですね。

当然ながら火気を使用するのでテント内では使用はできません。

 

ガソリンランタン

ガソリンを燃料としたランタンになります。

光が強く、熱量も高いところが特徴です。キャンプ歴の長い人が愛用していることが多く、「マニア向け」と言えるかもしれません。

気温に関わらず安定した光量が得られるので、冬キャンプでも問題なく使用できます。

デメリットは、準備やメンテナスの難しさですね。手慣れている人でないと、扱いが難しいのが『ガソリンランタン』ということになります。

 

LEDランタン

電池や充電でLEDを光らせるランタンです。

ガスやガソリンと違って燃料を使用せず、ランタン自体も熱くならないので非常に取り扱いやすく、安全性が高いのがメリットですね。

テント内を照らしたり、小さなお子さんがいる家庭でも安心してお使いいただけます。

ガスやガソリンより安価入手できるので、キャンプビギナーにおすすめのランタンです。

ガス・ガソリンと違い、光量があまり強くないところと、若干おしゃれ度に欠けるのが欠点と言えば欠点でしょうか^^;

でも、最近ではおしゃれなデザインのものも増えてきているので、要チェックアイテムなのは間違いありません。

 

明るさの単位

 

一口にランタンといっても、前述のようにいろいろと種類があります。

ここでは特にLEDランタンを取り上げますが、LEDランタンを取っても、種類やデザインは様々。

主な選択基準としてはデザインと光量になると思いますが、どれを買おうかなと調べたとき、物によって明るさの表記がマチマチで、どれを選んだら良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

LEDの場合、明るさの基準として「ルーメン」が用いられることが多いですよね。

でも、例えば1000ルーメンがどれくらいの明るさなのか、イマイチよくわからないですよね^^; 一体どれくらいの明るさなのでしょうか?

慣れ親しんでいる明るさの単位として、白熱電球などに使われる「ワット」(正しくは消費電力の単位)がありますが、こちらの方がイメージしやすい人が多いでしょう。

1,000ルーメンのランタンは75~80ワット相当といわれています。

それなりに明るいですが、キャンプサイト全体を照らせるほどではありません。

1,500ルーメン(100W相当)のものをメインランタンとして活動空間全体を照らし、1,000ルーメン(80W相当)のテーブルランタンで手元を照らす、あるいはテント内を照らす、というような2個使いが理想的ではないでしょうか。

 

以下のワット(w)→ルーメン(Lm)変換表を参考にしてみてください。

 

厳選!おしゃれLEDランタン

 

さてさて、そういうわけで(どういうわけで!?^^;)、キャンプビギナーのみならずキャンパー全体にお勧めなLEDランタンなのですが、唯一残念なところとしては、粋じゃないというか、若干おしゃれ感に欠けるというところだと思います。

キャンプ好きって、こだわりのある人多いですしね^^

でも最近ではLEDランタンでも、レトロでおしゃれなデザインのものが増えてきました。

そんな「便利でおしゃれなLEDランタン」を厳選して紹介していきますよ~^^

 

■ジェントス LEDランタン EX-1000C

 

ジェントスは日本ではトップシェアを誇るLEDライトメーカーです。

本体価格もお手頃でファミリーキャンパーにはとても人気が高いメーカーですね。

単一アルカリ電池4本使用で白色(1000ルーメン)5.5時間点灯します。

昼白色や暖色なら11時間点灯なので、十分な長さではないでしょうか。

 

明るさはメインランタンとして程よい1000ルーメン。

白色、昼白色、暖色と3色の切替が可能で、ダイヤルで明るさも調整可能です。

色の切替でキャンドルモードというのがあるので、ゆらゆら揺れるキャンドルの炎のようなモードも選べます。

明るさも十分とれ、雰囲気も出せるLEDランタンですね。

Amazonでチェック!⇒

 

■キャプテンスタッグ アンティーク暖色LEDランタン

 

公式ホームページにも明るさの記載はありませんでしたが、明るさはあまり期待できないようです。雰囲気を楽しむランタンですね。

使用の際は単三アルカリ電池4本です。重量は電池を含まないで230gとなっています。

やはり、アンティークな雰囲気なのが人気の秘密のようです。

 

このランタンを置く事でキャンプサイトがとってもおしゃれになる事間違いなしです。

カラーバリエーションも3種類とあるので自分のキャンプサイトを思い浮かべながらカラーを選ぶのも楽しいですね。

雰囲気のある暖色のランタンをお探しの方には最強ランタンではないでしょうか。

Amazonでチェック!⇒

 

■ベアボーンズリビング フォレストランタンLED

 

電球色のLEDを採用したクラシックなデザインのLEDランタン。

電源は充電式リチウム電池で、UBS経由で充電することが可能。

内蔵のリチウム電池でスマートフォンなどの充電にも使用することができるので、おしゃれなだけでなく機能的にも充実のランタンです。

 

ランタンのホヤ(グローブ部)は全ツヤ消し仕様で、とてもスマートなヴィジュアル。

ヴィンテージ風のスチールボディはライト点灯中でも熱くならないので安心です。

Amazonでチェック!⇒

 

■コールマン ランタン CPX6リバーシブルLEDランタン

 

「白く明るい光」と「暖かく優しい光」、2種類の光と2段階の明るさ調節により、シーンに合わせて光のタイプが選べるレトロなランタン。

電源は乾電池以外に別売の充電式カートリッジも使用可能。

カートリッジは同じシリーズのランタン等と共用もできるので便利です。

 

 

 

 

Amazonでチェック!⇒

 

■テントファクトリー クラシックLED

 

往年のデザインを細部にわたって再現したクラシックな見た目と、LEDが融合したこだわりのアイテム。

暖色の明かりがサイトを和やかに照らします。

カラーはゴールドとシルバーの2色から選択可能。

 

 

 

Amazonでチェック!⇒

 

まとめ

 

さて今回は、おしゃれで、雰囲気があって、かつお手軽便利なLEDランタンをご紹介しましたが、お気に入りは見つかりましたか?

安全面や手入れの要らないお手軽さから、LEDランタンは大人気です。

本当に多種多様で、デザインも機能も豊富に揃っています。

今回はレトロなタイプで、「光量は低めだけど、雰囲気がある」というものでした。

「もっと明るく光るものがいい!」とか、「デザインよりも機能!」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

自分のキャンプスタイルに合った、こだわりのLEDランタン、探してみてくださいね。

 

-キャンプ

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.