キャンプ

秋キャンプの寒さ対策で絶対いるものって何?必須の便利グッズご紹介

夏はキャンプの最盛期!子供たちは夏休みだし、日も長いし、アウトドアにはぴったりの季節に間違いありません。

でもね^^実は、秋のキャンプがおススメなんです!

 

その理由は後述するとして、

夏と違って、秋のキャンプに欠かせないのが寒さ対策です。

秋の夜のキャンプ場は、結構冷えます。

ぶるぶる震えて夜を過ごしたくはないですからね。

そんな秋キャンプの寒さ対策に絶対いるもの、必須の便利グッズをご紹介します!

 

秋のキャンプがおススメの理由

出典:http://flandre-magazine.com/2017/10/19/1369

 

近年のアウトドアブームで、大型連休や夏休みのキャンプ場は大繁盛!

予約もなかなか取れないし、キャンプ場では、びっくりほど人がいて、「フェスか!?」と思うほど(笑)

折角、都会の喧騒を離れて、自然の中でゆっくりした時間を過ごそうと思ったものの、なんだかあんまりいつもと変わらない、なんて経験ありませんか^^

 

しかし、秋になるとだいぶ様子が変わってきます。

夏場キャンプを楽しまれた方も一段落して、ゆっくりとキャンプを楽しむことができます。

 

それに、天候が安定してくるのも秋にキャンプをするメリットですね。

1年の中で、10月~2月が最も降雨量が少ない時期になります。

10~11月の秋キャンプは、比較的雨に降られるケースは少ないというわけです。

参考気象庁(東京 降水量の月合計値)

 

そして、夏のキャンプで悩まされる「虫」

「キャンプは楽しいけど、虫が(>_<)」、とおっしゃる方、多いです^^

しかし、秋になると、蚊はもちろん、ブヨなどの害を及ぼす虫も減ってきます

秋は、あまり虫を気にすることなくキャンプができる、ありがたい時期でもあるんですね。

 

秋のキャンプは意外と寒い!

出典:https://www.himawari.com/himawariblog/?p=12513

 

意外にいいことづくめの秋キャンプなのですが、ひとつ忘れてはいけないのが、『意外と寒い』ということ。

天気の良い日だと、日中は作業していると半袖でも暑いくらいだったりしますが、キャンプ場はだいたい少し標高の高い場所にあるので、夕方から急激に冷え込みだしたりします。

朝晩の冷え込みが激しい場所だと、寒暖差が20℃近いということも。

ぶるぶる震えながら夜を過ごすのは嫌ですし、体調を崩したら、せっかく自然に癒されに来た意味がありません。

防寒対策が不十分で、「寒くて夜眠れなかった…」とか、「風邪ひいてしまった」ということをよく聞きます。

秋キャンプはしっかりと防寒対策をとって、快適に過ごしましょう。

 

防寒にマストな便利グッズ

出典:Coleman Japan(コールマンジャパン) / Facebook

 

そんな秋のキャンプの対策に是非活用していただきたい便利グッズをご紹介していきますね^^

 

使い捨てカイロ

まずは定番の使い捨てカイロ。これは必需品でしょう。

これをある程度たくさん持っていけは、もしかするとコレだけで事足りる場合もあるかもしれません。

貼れるタイプのやつがおススメです^^

ホカロン貼る 30P

Amazonはこちら

 

 

湯たんぽ

手軽に体を温められる「湯たんぽ」は、就寝時にマストな防寒グッズです。

お湯を入れるだけなのでお手軽ですし、寝袋の中に入れればぽかぽかです^^

最近は、ウェットスーツの生地を採用しているものもありますので、柔らかい肌触りで安全です。じんわりやさしく体を温めてくれるおすすめの防寒グッズですね。

ロゴス どこでもソフト湯たんぽ

Amazonはこちら

 

インナーマット

テントの中に敷くインナーマットも、この時期は少し厚いものにした方が賢明です。

夏場のインナーマットに加え、すこし厚手のエアマットを用意しておくと、底冷えを防いでくれます。

KingCamp エアーマット 厚さ10cm

Amazonはこちら

 

焚火

これは暖をとるというだけではなく、秋キャンプの醍醐味でもありますよね。

ワインやウイスキーをちびちびやりながら、焚火の火をぼーっと眺めていると、なんだか癒されていきます^^

起きている間は、焚火だけでも暖はとれますね。

火の始末だけはきちんとやりましょうね。

バーベキューコンロ 焚き火台Amazonはこちら

 

カセットガスヒーター

カセットガスを使うタイプのガスヒーターです。低温時の燃焼効率を上げるために、バーナーの熱がヒーター内の鉄板やガスのパイプを温める2つの機能を搭載しています。

そのため、燃費がよくカセットガスボンベ1本で約3時間使用することが可能。小型ながらパワフルで、気温の低い野外でも活躍するおすすめの防寒グッズです。

カリフォルニアパティオ(California Patio) カセットガスヒーターAmazonはこちら

 

 

寒さを凌ぐ服装は?

出典:https://hinata.me/article/1043347991722234922

 

寒暖の差が激しいのがこの季節ですよね。

寒さは、日が暮れる時間になると急激に冷え込み始めます。この変化に対応できるように、重ね着をするとスムーズに寒さ対策ができると思います。

ヒートテックのように、薄くて暖かい素材のものは重宝しますよね。

出来るだけ、動きやすい、柔らかい素材のものを重ね着できるように準備をしておきましょう。

 

女性は特に冷えやすいので、重ね着をして冷え対策を万全に行いましょう!

昼間の陽が当たるときは暖かくても、朝晩は凍えるように寒く感じることもあります。防寒して、快適な秋キャンプを過ごしましょうね^^

 

また、注意点として、あまり高価な服やお気に入りの服はキャンプには着ていかないほうが良いです。

キャンプでは汚れることが多いですし、焚火の火の粉で穴が開くことがあります。

焚火の時は、化学繊維のものは避け、ウールやコットン素材のものが望ましいと思います。

 

また、燃えにくい素材のアウターを1枚持っておくと便利ですね。

例えば、こういうものです▼

ファイヤープロテクトパーカー(snow peak)

Amazonはこちら

 

ファイヤーパーカー(GRIP SWANY)

Amazonはこちら

 

まとめ

出典:http://www.bikejin.jp/camp-13127/

 

秋のキャンプは大人の時間。

秋の恵みの美味しい素材でBBQ。

木立の中で、焼き芋でも作りながら、読書をしてみたり。

焚火の火を眺めながら、シングルモルトのウイスキーをちびりとやって、哲学的なことを考えてみたり。

なんとも贅沢な時間じゃないですか^^

 

防寒対策をしっかりやって、秋キャンプでそんな大人時間を作ってみましょうよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-キャンプ

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.