フィギュアスケート

シェルバコワがかわいい!世界記録を大幅更新の4回転は男子越え!?

「かわいい!」「妖精みたい!」と評判のアンナ シェルバコワ!がロシア選手権2019で非公認ながら世界最高を上回る合計261・87点で2年連続の優勝を果たしました!

この得点は同大会の男子優勝選手を超えています。

浅田真央を憧れの選手というシェルバコワは、15歳ながら4回転ルッツを跳べる数少ない選手の一人です。

アレクサンドラ・トゥルソワアリョーナ・コストルナヤという、ロシアフィギュア界の15歳美女軍団の一人。

次の世界のフィギュア界を背負っていくのは間違いないでしょう。

そんなアンナ シェルバコワ選手、どんな選手なのか調べてみました!

関連記事

コストルナヤのインスタ画像が美しいフィギュア界のジュリエットや~

トゥルソワのシニアデビューいつ?インスタ映えの長い髪が可愛い!

トゥルソワ/シェルバコワ/コストルナヤ美人過ぎロシアメダリスト達

 

アンナ シェルバコワが「かわいい!」と評判です^^

「炎の体育会TV」でも、その容姿の美しさが評判になりましたが、結構以前から「かわいい!」「妖精みたい!」と言われていた選手なんですね。

まだ、幼さが残る顔立ちですが、美女の片鱗は十分に兼ね備えています。

では、シェルバコワ選手のかわいい画像と、ネット上の評判をご覧ください。

 

https://twitter.com/cawashcher/status/1155077269599035392?s=20

https://twitter.com/tabatannn/status/1155080738854727681?s=20

 

アンナ シェルバコワのプロフィール

出典:https://article.auone.jp/detail/1/6/12/112_12_r_20190513_1557711422379430

アンナ シェルバコワ選手のプロフィールをご紹介します。

<<プロフィール>>
代表国: ロシア
生年月日: 2004年3月28日(15歳)
出生地: モスクワ
身長: 150 cm
コーチ: エテリ・トゥトベリーゼ
セルゲイ・デュダコフ
振付師: ダニイル・グレイヘンガウス
所属クラブ: サンボ70 フルスタリヌイ

シェルバコワ選手がフィギュアスケートを始めたのは3歳の時だそうです。

そして、平昌オリンピック金メダリストであるアリーナ・ザギトワを育てたベテランコーチ、エテリ・トゥトベリーゼから指導を受けるようになります。

2017-2018年のシーズンは骨折などのケガに見舞われて、芳しい結果は残せず、2018年1月に行われたロシアジュニア選手権では13位に終わります。
しかし、切り替えて望んだ翌月2018年2月の国内大会のロシア杯「女子ジュニア・スポーツマスター候補部門」では後に世界ジュニア選手権を制するアレクサンドラ・トゥルソワを抑えて優勝しています。

「アレクサンドラ・トゥルソワ」、「アンナ シェルバコワ」、この二人は今後もライバルとしてお互いを高めあっていく関係になるんでしょうね。

二人とも今後が楽しみな選手です。

 

アンナ シェルバコワが世界最高得点を更新!男子越え!?

 

2019年12月25日(水)~30日(日)(日本時間)に開催されていた「ロシアフィギュアスケート選手権2020」で、シェルバコワ選手が非公認ながら世界最高得点を更新してV2を達成しました!

シェルバコワ選手が出した得点は、世界最高得点を大幅に上回る261.87点!

それまでの世界最高はグランプリファイナル2019-2020でアレーナ・コストルナヤ選手が叩き出した247.59点でした。

今回の演技は、今季話題の演技中の“衣装チェンジ”に加え、4回転ジャンプを3本成功させて、男子超えの圧巻の演技。

「狂気の4回転ルーティン」と呼ばれています。

その演技を動画でどうぞ♪

 

今回の261.87点という得点は、同大会の男子フリーで首位だったアルトゥール・ダニエリアンの177.70点、優勝者のドミトリー・アリエフの合計260.98点を上回る得点です!

ついに男子を超えたか!?シェルバコワ選手!

 

アンナ シェルバコワの4回転

出典:http://happyhour28.net/shcherbakova_4lz-3lo/

アンナ シェルバコワ選手は女子で4回転ルッツを跳べる数少ない選手です。

他に4回転ルッツを跳べるのは、同じくロシアの15歳、アレクサンドラ・トゥルソワ選手です。

それくらい難易度が高いジャンプということですね。

ロシアでは、トゥルソワ選手よりも先に注目されていた選手で、4回転を跳べるようになったのはなんと13歳の時!

天才です...

しかも、プログラムの中に4回転を2回入れることもあるそうなので、驚異的ですね。

そんなアンナ シェルバコワ選手の4回転、見てみましょう!

まずは2018年に日本の番組で取り上げられたときの4回転ルッツ。

それから、練習での"4回転トウループ-3回転トウループ-3回転ループ"

 

アンナ シェルバコワが浅田真央に憧れる理由とは?

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00051951-theanswer-spo

ロシア選手権でアリーナ・ザギトワらを抑えて14歳の時優勝したのアンナ・シェルバコワ選手は、欧州ユース五輪フェスティバルでも優勝。

ショートプログラム(SP)の演技後に憧れの存在としてバンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さんの名前を挙げていました。

シェルバコワ選手はこんなふうにコメントしています。

「マオ・アサダです。なぜなら、彼女はとても美しく滑っていましたし、難しいジャンプを跳ぶことができました」

浅田真央さんがバンクーバー五輪で銀メダルを獲得した時はまだ5歳だったシェルバコワ選手ですが、その美しい演技とジャンプは彼女の記憶にしっかりと残ったようです。

妖精的な美しさも浅田真央さんを彷彿とさせますが、ジャンプに対する並々ならぬ思い入れも浅田真央さんの影響なのかもしれませんね。

 

まとめ

2019-2020年のシーズンにはシニアに上がるのではないかと噂されているアンナ シェルバコワ選手について調べてみました。

いかがでしたでしょうか?

アンナ シェルバコワ選手のみならず、アレクサンドラ・トゥルソワ選手、アリョーナ・コストルナヤ選手、そして女王アリーナ・ザギトワ選手と、世界の女子フィギュア界はロシア勢の層の厚さが際立っています。

これから日本人選手との氷上の競演も楽しみですね。

 

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.