エンタメ

立木文彦(カイジ・マダオ声優)はどんな人?ももクロと共演も!

立木文彦さんといえば、ナレーションに、アニメにと引っ張りだこの声優さん。

銀魂の「マダオ」の声、と聞けばわかる人も多いでしょう。

たぶん、名前だけ聞いてもピンとこなかった人も、声を聞けば「あっ、この声は...」とわかるはず^^

生クリーム大好きももクロとも競演の立木文彦さん

そんな立木文彦さんとはどんな声優さんなのか?、
どんな素顔を持っているのか?

その魅力と活動について調べてみました^^

 

立木文彦ってどんな声優さん?

 

<立木文彦さんのプロフィール>

フリガナ:タチキ フミヒコ
愛称  :ぶんちゃん、ふーみん、ブーン、マダオ
性別  :男性
生年月日:1961/4/29
星座  :おうし座
血液型 :A型
身長  :174cm
出身地 :長崎
ジャンル:俳優 、声優・ナレーター

1982年『戦闘メカザブングル』に脇役として出演。
その後、1983年テレビアニメ『聖戦士ダンバイン』で、本人曰く「声優デビューした」そうです。

『聖戦士ダンバイン』では、"ゼット・ライト"の声を担当されました。

立木文彦さんは、声優さんの中では少し変わったファン層も持っていて、実は総合格闘技界の方のファンの方が結構いらっしゃるとのこと。

それは以前開催されたイベント『PRIDE』の煽りナレーションがものすごく格闘技ファンに好評だったこととがあるようです。

ナレーションも務めていて番組の最初から関わっている『世界の果てまでイッテQ』では、2012年の大忘年会祭り4時間生放送スペシャルの番組の最中に行われた『お祭り男が挑む横浜・赤レンガ倉庫前で豊橋手筒花火』で初の生放送番組に出演しながら、生ナレーションにも挑戦しました。

声優さんって、声質もさることながら、やはり表現力豊かな人が人気が出るんでしょうね^^

 

立木文彦の大好物は生クリーム!

 

見た感じ、ちょっとイカツイ雰囲気の立木文彦さんですが、

この手のおじさんに"あるある"のスイーツ好き!

中でも「生クリーム」には目がないようです^^

コワモテのおじさんは、なんでスイーツが好きなんでしょう??

芸能人のスイーツ好きコワモテおじさんランキング!

1位 的場浩司

2位 哀川翔

3位 千原せいじ

4位 芝田山親方

5位 高橋克典

 

コワモテのおじさんだって、甘いもの好きなんですよ。

甘いもの好きな人に悪い人はいない気がするの、私だけでしょうか?(笑)

 

立木文彦さんは、ももクロとも競演!

https://twitter.com/pandakougeki/status/1150390803887378432?s=20

ノリノリの立木さん、いいですね~^^

立木さんのこのナレーションなら、盛り上がること間違いなし!

モノノフの皆さんも楽しまれたでしょうね^^

 

立木文彦の代表的な作品は?

https://twitter.com/abcowaraigp/status/1151454708264919040?s=20

立木文彦さんの代表的な作品にはどんなものがあるか、見ていきましょう。

 

新世紀エヴァンゲリオン「碇ゲンドウ」

立木文彦さんを語るうえでまずこの作品は外せないでしょう。新世紀エヴァンゲリオンの「碇ゲンドウ」役。

主人公碇シンジの父であり、特務機関NERVの総司令官で、子供を顧みないどころか自分の目的の為に世界を壊してしまおうとすら考えているクールで冷徹な役どころです。

立木さん自身、このキャラクターを自分の声優としてのターニングポイントと言っていて、今でもこの役のことは忘れられないそうです。

ちなみにこの新世紀エヴァンゲリオンではガヤ(モブや背景の声を演じること)で車内アナウンスも担当していました。

銀魂「長谷川泰三」

 

最近の立木文彦さんのイメージが定着してしまったのが、アニメ銀魂の「長谷川泰三」役。
ニックネームは「マダオ」。

その名の通り、まるで駄目なおっさんです。

それまで立木文彦さんといえばエヴァンゲリオンの碇ゲンドウ役の、硬く冷徹なイメージでしたが、

この完全なギャグキャラクターのお陰で一変。

すっかり「マダオ」のイメージが定着です^^

 

逆境無頼カイジ「ナレーション」

キャラクターではありませんが、逆境無頼カイジの「ナレーション」も立木文彦さんの仕事として特筆に値します

漫画版カイジといえば、主人公のカイジを客観視した注訳が秀逸ですが、それをアニメ版で見事に再現。

あまりに印象的だったので、お笑い芸人のそりゃめでてーな伊藤さんがナレーション物まねという細かすぎて伝わらない的なモノマネとして持ちネタにしています。

クレヨンしんちゃん「黒磯」

しんちゃんマニアの筆者としては、酢乙あいのボディーガード「黒磯」役も外せません。

誰?と思うかもしれませんがそれもそのはず、酢乙あいが最近あまり登場しないので黒磯も登場しないのです。

銀魂放送前からいたキャラクターですが、仕事はできるのに残念という点で何か近しいものを感じます。

 

その他

立木文彦さんは、もちろん上記以外の作品にも多数出演されています。

詳しくは、Wikipediaへ^^

 

立木文彦の魅力とは?

 

以前は、新世紀エヴァンゲリオンの碇ゲンドウ役のイメージは強かった立木文彦さん。

現在は、銀魂の【「ま」るで「だ」めな「お」っさん】=『マダオ』のイメージが定着している感じです^^

このイメージから『まじでダンディーなおっさん』の意味合いで『マダオ』というあだ名が付いているそうです。

銀魂に初登場してから映画に至るまでずっと長谷川さんを演じていたことや、
立木さん自体顔出しNG声優ではなく、キャラ的な面白さもあって、2018年公開の実写版「銀魂」では、俳優として演じています。

そんな声優らしからぬところが、立木文彦さんの魅力に繋がっていると思います。

行列のできる法律相談所への出演も楽しみですね♪

 

まとめ

これからも、その人気は衰えることを知らないであろう立木文彦さん。

今後も注目の声優さんです!

 

Copyright© やーぬすちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.